ネイリスト求人専門サイトNQでは、ネイリスト求人情報を専門に取り扱っています。

HOMEネイルサロン様ログイン | 会社概要 お問い合わせ

ネイリスト様へ

なかなか聞けない面接Q&A

このコーナーでは、
「ネイルサロンやネイリストに率直に聞きたい!!」
と思いつつも、なかなか面と向かって聞けないような事を

サロン様やネイリスト様に直接質問し、いただいた回答をそのまま掲載していきます。
どうぞお役立て下さい。


面接時に聞きたいことはなんですか?
 
志望動機、将来の夢、保有スキル
仕事にかける意気込みや意欲を自分の言葉で伝えましょう。また仕事のどの部分に関心を持っているかも答えられるといいでしょう。実績やスキルは採用審査で重要なポイントになります。具体的な数字なども入れて得意分野をアピールしましょう。
面接の際、今の会社の不満などは言わないほうがいいのでしょうか?
 
マイナスの気持ちから転職しようとする人を、企業は決して好みません。特に面接という限られた時間の中で、退職理由に「環境」を挙げるのは避けるべき。

退職理由を伝えるなら、今の会社への不満だけで終始するのではなく、それをキッカケに「今後どうなりたいと思っているか」「新しい環境で何をしたいか」という転職に前向きな気持ちを伝えるといいでしょう。出発点は今の会社への不満だったとしても、転職に対する意欲的な姿勢をアピールすることができれば、面接官も好意的に捉えてくれると思いますよ。

面接時に自分の長所と短所を聞かれた際、長所はすぐに言えますが短所をどう答えれば良いのか
わかりません
長所については、自分の強みをアピールできるチャンスですから話しやすい。でも反対に短所となると、どういうニュアンスで話せばいいのか、少し戸惑いますよね。

ヒントとして、たとえばこれまで上司や友人から「○○を直すと良いよ」などと指摘されたことはありませんか?そうしたことを思い出してみると、自分の弱点に気づくことができるものです。企業側が知りたいのは、「この人は、自分の弱点を知っているのか?」「それをカバーするために努力できるか?」ということです。

面接の際、売上ノルマを聞いても大丈夫ですか?
 
問題ありません。しかし、唐突に聞くことは避け、業務内容の質問の中で聞くと自然です。
 
 
将来独立を考えています。面接で伝えるべきですか?
 
独立を支援しているサロンの場合『将来の目標がしっかりしていて成長志向が高い』といったプラスイメージを与えるケースもありますが、まずはこのサロンで何がしたいのか、何が出来るのかを伝え、実績を残すことが大切です。
最後に何か質問はありますか?と聞かれたら、必ず質問するべきでしょうか?
 
応募したサロンについては分からないことが多いはずなので、逆に何を質問したらいいか迷ってしまうかもしれませんが、『何もありません』は避けたいですね。サロン側は質問内容から応募者の意欲を見ていますので、顧客層やデビューまでの日数など、勤務した時のイメージをふくらませ質問するといいでしょう。
Copyright © pennholistic.com